滋賀県信用農業協同組合連合会は、持続可能な農業の実現や地域社会の発展、社会課題等の解決、気候変動をはじめとする自然環境保全に資する取組みを広く実践することにより、国際連合が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」を達成するため、「SDGs宣言」及びSDGsの達成に向けた「SDGs取組方針」を制定しました。

JAバンク滋賀信連SDGs宣言

JAバンク滋賀信連は「組合員及び地域の人々に対する快適な生活の実現と、農業の発展に貢献する事業を展開する」という経営理念のもと、国際連合が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて、JAとともに、持続可能な地域農業・地域社会づくり、自然環境の保全等に取り組んでまいります。

2022年11月14日
滋賀県信用農業協同組合連合会
代表理事理事長  川﨑 宏

Sustainable Development GOALS

SDGs取組方針

JAバンク滋賀信連では、農業の協同組織金融機関として次の2つの取組みを通じて、SDGsで目指す目標を達成していくこととします。

Ⅰ 持続可能な農業・地域社会づくりに向けた取組み

 農業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客様に対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を当会の最も重要な役割のひとつとして位置づけ、JA等と連携し、持続可能な農業の実現と地域社会の発展に向けた取組みを進めます。


Ⅱ 自然環境、社会課題解決に向けた取組み

 JAや地域行政等と連携し、地域の人々が快適な生活を実現できるよう社会課題解決に向けた取組みを進めるとともに、気候変動をはじめとする自然環境の保全にも取組み、協同組織としての役割を発揮します。